back to TOP

admin |  RSS
妄想と理論は紙一重で、多くの方は妄想から理論へ発展する事なく諦めてます。少しだけ自分の考え方を説明してみます。全ての流れには規則性が存在しており、人間界での物理学や数学では正確な規則性を見つけ出していますが、これをスピリチュアルであれども規則性が存在し、色々な考え方へ転用する事も可能と考えます。

例えばいきなりですが水が存在していると仮定します。力が加えられなければ重力が働き、水は高い所から低い所に移動します。この物理学をスピリチュアルでも考えると、培った技術や知識は高い所から低い所に流れると考え、自分の命の不安から過剰にお金をかけた軍事技術は、資金が低い民間技術への転用が可能になるが、その反対の民間技術から軍事技術への転用は、水の流れに背く行為になると考えられるのでは?

だが車はどうだろうか?民間技術からではないか?車はフォーミュラワン(F-1)など高い所で身に付けた技術を、民間技術に転用していると考えます。この様に流れは常に高い場所から低い場所へ技術や知識は動いている。

他にも日本で倒産が噂をされている大手電機メーカーがありますが、技術者の受け皿はどこでしたか?技術の高い企業ではなく技術の低い企業へと流れたでしょう。

よってこの様に考えられます。1つの分野を高く身に付けると言う行為は、他の分野を押し上げる効果を持っています。本来は得意分野があってこそ、不得意分野に見える場所でも引っ張られて光るのです。こうしたスピリチュアルの理解があれば会社の経営でも十分通用可能でしょう、考え方が使えるか使えないかは、妄想で終わるか発展させ理論まで高めるかの違いです。
スポンサーサイト
 運を持ってみた  2017/08/20 (Sun)
運を買ってみたけど体感はほぼ無いです。勝負運?どんな運なのか詳細は不明ですが、これは精神世界でも人気が無い分、大量に安く手に入るのと、お金を持つよりも天界人の強盗や押し売り対策になります。考案した精神アトラクション収入や奥さんの武器が売れましたから精神世界のお金はあります。まれに欲しい物がある時は場合には、私は運を換金しながら支払いをしてます。

私も精神世界と物質世界を行き来してますが、どうしても狭間に入る間が一番無防備になるので、そこで契約を持ちかけられ不利な契約をしたケースや、襲撃されたケースが多数ありましたね。奥さんは神様(自分)の付き人にしたら襲撃は無くなると思いましたが、これが金目の物があるに違いないと狙われたり、結局は戦神の加護を頂き、加護の名目で天界人から戦神に守ってもらってます。私の付き人のきっかけはこんな感じでした。

ちなみに私には戦神の加護と精霊の加護があります。戦神の加護はオーラ量が増え底力が出しやすくなるのと、精霊の加護には癒し効果が高まり、外的な影響にも強くなります。普通に貰うのにはお参りやお供え物が良いみたいで、戦神にはお酒、精霊神にはお餅が好きみたいでした。神様はお供え物の精神物質を抜いては食べてるみたいですよ。味は精神物質と物理物質は全く一緒みたいで、時代によって同じお餅でも味覚が進化しているのを感じてましたね。
 精霊は優柔不断?  2017/08/20 (Sun)
精霊が優柔不断と言われるのは、意見に対して反対と言う概念が無いのですが、人間界では当然反対意見が出るので、人間になった時に反対意見も尊重するので決められなくなるのです。いい人だけど決断が出来ないタイプには、優しい精霊出身が多いみたいですね。トップを精霊にする際には、補佐役として性格が悪くても分析型の天界人を付け、決断材料を多くするなど配慮が必要です。

それぞれのコミュニケーション方法は精霊と魔族が感覚主体で、天界が言語主体になります。だから魔族と精霊は共通部分があるので種族を間違えやすく、新聞や雑誌やテレビ、マスコミ関係に異常に天界人が集まるのも、精神世界からのコミュニケーション手段にも適性理由があると思います。ただ天界出身に関わると必ず権力争いに巻き込まれるので大変です。誰が偉いか?これが最も重要みたいですからね。その他にも日本人は偉いとの報道には天界人らしさを感じます。
テレビを見てると未来を教えてくれる、違法的な霊能力者が好きみたいなのを感じます。正しく霊能力を使うならテレビ的な影響(大きな流れを変える)は避けるので、よってテレビにすり寄る霊能力者は、知らない未熟者か金儲けの偽者が多いみたいです。確かに金儲け主眼ならテレビですよね。

真の能力者はテレビに手を貸しません。
 予言書はタブー品  2017/08/20 (Sun)
予言書はタブー品です。理由は起こるまで分からないおぼろげな未来予測までならセーフですが、大まかに確定している未来を言うと、通常の人間は回避行動に移り、学びを奪う行為になるからです。よく人間界のフィクションで未来から来た存在や、未来が分かる能力者は自分達の幸せ(ここでは不幸回避が幸せとして)の為に、悪い出来事を避けていますよね?よって仮に予言書があればタブー品所持として神界から目を付けられます。

予言の有無についてはその能力者であれば出来ます。主に魔族が強くなる為にその能力者の魂を欲しがってますし、食べた影響か魔族にも見れる方も居ます。その話で良ければ見え方をお話します。まず大きな基本ルートがあって、それが一番有り得る未来ですが、そこに分岐点が何本も存在しており、分岐点を選んで決めた年齢より早く終わる未来も存在しているそうです。ちなみに奥さんには大きな分岐点の方は死相として見えるそうです。
 耐える必要性  2017/08/20 (Sun)
耐える必要はないと理論がありましたが、課題に取り組んでいれば、本来の人間通りに生きてさえいれば、確かに人生の苦しみに耐える必要はないかもしれません。しかし、苦しみ自体が魂的にはもちろん間違いではないのと、他にも苦しみに耐えれると魂自体が強くなるのもあります。魂を強くするのは普通は魔族ですが、もちろん人間でも中には魂を強くする課題の方も居られるでしょう。ただ真理的に見て最も耐えるのが必要なのは、他人の課題に取り組んでるのを「待つ」と言う行為には必要不可欠です。

例え話をすると、私の奥さんの神様モードで政治を行えば解決する事案は多いでしょうが、それは学びを奪う行為としてタブーとされてるのは、以前にも紹介した通りです。魂の真理から社会問題への解決案は簡単ですけど、ここは真にいけない事を学ぶ場であったり、悩んだり苦しんだりする場でもあります。神様は本来救ったりする存在ではありません、どちらかと言えば人間の成長を見守る存在で、神様も人間を見ながら学び終えるのを耐えてるのです。

後は殺人が学び(課題)を奪う行為としてタブーならば、単純に答えだけを教える行為も、殺人と同じように学び(経験)を奪う行為として人間界ではタブーでもあります。よって安易に神様に頼るのは効果はないので、決して何もしてないように見える神様を恨まないで下さい、ちゃんと1人は神界から皆を見てます。それ以外にも神界に憧れて作られた天界でも、人間界を見れる施設があり、天界も神界と似た役割で人間を見守るを担ってます。
 楽天世代  2017/08/20 (Sun)
許す世代の上の世代を楽天世代と言いましたが、今回はそこを詳しく書きます。楽天世代は起きる事は全て流れに任せて、正しく問題を見てはいけない世代でもあり、問題点を掲げることがタブーな世代でした。年金問題、仮に年金に問題があると言えば、社会から抹殺される社会風潮でしたよね?これを総じて「楽天世代」と呼んでます。

その世代も苦しい現実が嫌でしたが、課題(問題)から目を背ける事が苦しみを招いてる事を、素直に受け入れる(見る)課題があったはずです。その課題を何十年かけて消化されて行き、日本のスピリチュアルで話題になった、この言葉「物事には偶然は無い」これは上手く世代課題を表してと思います。大分、消化された課題ではありますが、未だに取り組んでる方も大勢居ます。
世の中には偶然は無いと言われますよね、魂的な見方をすれば偶然は確かにありません、自分が決めた魂の課題の為に、全ての出来事は起こり、そして起こる課題は苦しいですが、課題から目を背ける期間が一番苦しいのです。残念ながら幸せの為だけに生きてはいませんけど、幸せには単純に課題をクリアーすれば良いのです。

年金問題が表面化しましたが、1960~2000年付近の方はその問題に向き合うようにして生まれましたが、これも偶然ではありません。今、テレビや新聞を見れば怒りを感じるはずです。上の世代はバブルなどで楽天世代でしたので、年金に対して将来へ深刻さが足りませんでしたよね。

この問題を財政的な事ではなく魂視点から見ます。私達は許すを課題にした世代です。自分達に落ち度があれば許しやすいですけど、自分達に全く落ち度が無い場合では許しにくいです。ちょうど日本に行けば許す課題が出来るので、その課題をする人を大きなグループでやって来ました。

バスで例えると「年金問題許そう行き」のバスに乗って私達は日本に来た感じです。生きてる間は全てを忘れてますが、正しく死んでいる間には魂的な理解が深まりますので、死んだら仏様になると日本では言われますが、死後に感じる魂の雰囲気はそんな感じです。その状態なら自ら課題の為に生まれて来たと言われてもおかしくはありません。

許す課題を少しまとめると自分達の落ち度が無くても許せるか、ミスを責められたのに、ミスを責めた相手のミスを許せるか?起こる全てに魂の理解があれば、許す行為は簡単にはなります。上の世代を許してあげて下さい、自然と楽になります。私達が許せるようになれば、幸せにテレビが見れる様に人生は決まってます。
 今世の課題が中心  2017/08/15 (Tue)
私の課題にある事はよく分かるのですが、今世の課題に無いことはよく分からなかったりします。自分の為にする事が皆の為になる事が理想と、神様から指摘されてましたが、前世では出来てた事なので、今世では経験が無いのでよく分かりません。逆に自ら経験するは課題にあるから、テレビで出来てない人を見たら必要性がよく分かりますね。
 新しい流れへ  2017/08/14 (Mon)
約20年周期で社会のタブーが変化する度に、生まれて来る人の課題も変わっていますが、私から見ると考え方は極端から極端へ行ったり来たりを繰り返してます。どうしたら連鎖を解決するかは、これからは浅い学びから深い学びに変化する事が大切と考えてます。例えば人のアイディアを真似てはいけないと決めていますが、それは何故いけないのでしょうか?一部真似て自分が成功すれば良いのではないでしょうか?

浅い学びの理由は2つ見えます。1つはテレビや法律が悪いと決めた。もう1つは失敗の期間や回数が圧倒的に少ないからです。失敗が長ければ長いほど多ければ多いほど、社会のタブーへの理由を深く知る事が出来ますが、逆にそれを知る事がタブーになっているのは、今の時代の特徴でしょうね。確かに命を失う様な失敗は避けるべきですけど、それ以外はもっと自由があっても私は良いと考え、これからは知るための失敗への理解を高めた方が良いです。
Template by :FRAZ