back to TOP

admin |  RSS
 動機と世代課題  2017/08/31 (Thu)
動機が良ければ上手く回るはずですが、上手く行かないケースを多く見てると思います。それを説明する為に、例えば人を助けれる医者が居るとします。医者になるには助けるすべを知らないといけませんし、経験も必要ですし、これなら十分助けれる資格証明も必要です。つまり人を助けるのは誰でも出来る事ではありませんが、多くが誰でも出来ると思っている所に、動機が正しければ出来ると思うトラブルの一つが存在しています。

質問を変えてみます誰でも病気は治せますか?

真理を知って、自分の能力を知って、この範囲なら力になれると判断し、人助けはした方がいいと思います。一般的には自分の動機は正しいと信じて失敗してますが、それは歴史でも物語ってると思います。今の社会の「正しい」も私から見ると多くが疑い深く見えますけど、知ってるつもりでなく改めて社会が学ぶ事に、集団での転生の意味合いもあります。

また動機についてもうわべではなく、深く探してみるのも面白い取り組みで、それにより世代課題の一つが前に進むはずですが、本として出版出来ない事から興味があまり無いようです。一つ疑問を投げ掛けると日本人は戦争は本当にいけないと思っているのか?いけないと思っていてもどう動いているだろうか?自分達からの戦争はいけないけど、アメリカが行う戦争なら良いのでしょうか?戦争についても世代課題があり試されてます。
スポンサーサイト
 極端から極端へ  2017/08/30 (Wed)
日本は思想が極端から極端に移行していますが、その理由の1つに学校教育の影響が考えられます。テストの採点では正しいか正しくないか、この2つしか基本的には存在しません。これが普段の思想にも影響を与え、正しい思想か正しくない思想かの二択になっていると思われます。何度も言いますが、神界から見てどの思想にも正しくない思想はありません、どの思想も完成への段階で、どの段階の思想でも見守ってあげるのが神界の考え方です。

この様な事から他人や他国の思想を、無理に変えるのは真理に反する事ですが、未熟であればそれを知るのも良しでしょう。また真理に反する事を行えば一番は魂に影響を与えます。分かりやすく言えば魂にランクがあり、真理に反する事をすれば魂のランクが徐々に下がってきます。ちなみに最近のテレビニュースの大半は真理に反してます。

その証拠に魂が光輝いてたニュースキャスターが居ますが、徐々に光輝いてた人達も光を失ってます。これを一般的には印象値が下がったとか感じると思うかもしれません。いつこれに報道機関が気付くか、それとも偶然と思うでしょうか?いや自分達は正しい報道をしている?でも行動の結果、魂はどんどんランクが落ちてます。物質社会だけ見ていては説明がつかないので、精神世界の理解もあれば理解は深まります。この社会の状態は悪いのではなく、今はこの段階と表現するべきでしょう。

見ていると魂は正直です。
 楽が憎い文化  2017/08/25 (Fri)
今の日本社会は楽が憎い社会でもあります。楽をしている奴はいないか?それを多くの人が監視をしていますが、それは仕事も含め全ては辛いもの苦しいものと言う観念で動いてるからです。確かに最初は楽しい事であれども続けいくと、義務化や作業化になるので、楽しみや楽さは感じなくなり何事も辛くはなります。実はその逆もありなのですけどね。

私はそれを山場ととらえてます。これが楽が苦になって続けているとまた少し楽になります。つまり人生とは波の存在であるので、楽あれば苦あり、苦あれば楽ありです。例え課題に対して取り組まなくて苦しいままでも、いつかは課題の先送りが起きますが、原因や課題すら見えない社会は最も辛く、仕組みを知れば社会はもう少し楽になるのですが……。

それだけ今生まれた方は課題を自ら重くしたのですけど、最近の魂からは困難過ぎるは不人気みたいです。課題が何故こんなに重いかは、昔の日本天界は課題をとても重くする文化が流行っていまして、自ら病気扱いになるような無意味に強い制御装置も沢山売れたようです。私の場合は量産品からの自作ですけど、色々と不要な技術がとても多かったです。もう今は制御装置を付けて生まれる文化も薄いと思います。
 魔族は人を見る  2017/08/24 (Thu)
魔族は良い魂を食べる為に、人間の能力を見ただけで知る能力を持ってる人も居ます。私の奥さんは目を見ただけで能力者かどうかが分かるみたいで、もちろん社会で活躍するには特化した能力は必須です。ちなみに私は生きる為の能力者みたいですけど、時折、無能力でも活躍されている方も居ますが、その方はその分人柄や印象値が高かったですね。能力は多種多様であり、憧れで選ぶよりも持っている能力を極める方が当然伸びますが、後から能力者になる事も私の様にあるみたいです。
 上手な怒り方  2017/08/23 (Wed)
怒る行為について勘違いされている方もいると思います。上手な怒り方は、集中力を高めミスを減らすだけでなく、もう1つは120%の力への期待の裏返しをしてます。「お前が頑張れば、こんな実力ではないだろう?」この様な伸びる要素へ明確な意図を持って怒り、それが伝わるか伝わらないかが指導者の腕でしょう。

数少ない成果を出す指導者は、普段の生活をしていて怒る様な出来事には常に我慢してます。何故なら仮に上手く行かなくて怒っても何も解決しません。つまり理想の指導を見ると「怒り」でもあり「我慢」でもあります。ただ我慢は他人に見えないので怒ってる指導が目につくでしょうね。伝えたいのはただ怒鳴ったり怒れば指導は良い訳ではありません。

また課題の1つの感情を知るに怒りもありますので、社会的な成功ルートから大きく外れますが、怒りを深く知る事も大切な学びです。
 念でお腹一杯  2017/08/22 (Tue)
念も精神物質なので送り続けると、私には満腹になり胃けいれん的な症状になります。胃けいれんと違うのは、場所が30センチ上辺りの魂のコアに来る事です。魂の負傷や損傷はその部位に来るのですが、精神物質の悪影響はコアに感じます。コアはそれだけ大切な魂の臓器です。

また魂は体に合わせて形を保つので、足に魂が無いことは切り落とされてなければないです。ただ霊体が続くと形を離れます。幽霊に足が無いと言われてますが、重力が精神世界では存在しないので、手は必要でも、足は物質社会ほど必要ではありません、そこからも足が無いのが来てるのではないでしょうか?足の一番の使い道は「蹴り」であったりしますから。
妄想と理論は紙一重で、多くの方は妄想から理論へ発展する事なく諦めてます。少しだけ自分の考え方を説明してみます。全ての流れには規則性が存在しており、人間界での物理学や数学では正確な規則性を見つけ出していますが、これをスピリチュアルであれども規則性が存在し、色々な考え方へ転用する事も可能と考えます。

例えばいきなりですが水が存在していると仮定します。力が加えられなければ重力が働き、水は高い所から低い所に移動します。この物理学をスピリチュアルでも考えると、培った技術や知識は高い所から低い所に流れると考え、命の不安から過剰にお金をかけた軍事技術は、資金力が低い民間技術への転用が可能になるが、その反対の民間技術から軍事技術への転用は、水の流れに背く行為になると考えられるのでは?

だが車はどうだろうか?民間技術からではないか?車はフォーミュラワン(F-1)など高い所で身に付けた技術を、民間技術に転用していると考えます。この様に流れは常に高い場所から低い場所へ技術や知識は動いている。

他にも日本で倒産が噂をされている大手電機メーカーがありますが、技術者の受け皿はどこでしたか?技術の高い企業ではなく技術の低い企業へと流れたでしょう。

よってこの様に考えられます。1つの分野を高く身に付けると言う行為は、他の分野を押し上げる効果を持っています。本来は得意分野があってこそ、不得意分野に見える場所でも引っ張られて光るのです。こうしたスピリチュアルの理解があれば会社の経営でも十分通用可能でしょう、考え方が使えるか使えないかは、妄想で終わるか発展させ理論まで高めるかの違いです。
 運を持ってみた  2017/08/20 (Sun)
運を買ってみたけど体感はほぼ無いです。勝負運?どんな運なのか詳細は不明ですが、これは精神世界でも人気が無い分、大量に安く手に入るのと、お金を持つよりも天界人の強盗や押し売り対策になります。考案した精神アトラクション収入や奥さんの武器が売れましたから精神世界のお金はあります。まれに欲しい物がある時は場合には、私は運を換金しながら支払いをしてます。

私も精神世界と物質世界を行き来してますが、どうしても狭間に入る間が一番無防備になるので、そこで契約を持ちかけられ不利な契約をしたケースや、襲撃されたケースが多数ありましたね。奥さんは神様(自分)の付き人にしたら襲撃は無くなると思いましたが、これが金目の物があるに違いないと狙われたり、結局は戦神の加護を頂き、加護の名目で天界人から戦神に守ってもらってます。私の付き人のきっかけはこんな感じでした。

ちなみに私には戦神の加護と精霊の加護があります。戦神の加護はオーラ量が増え底力が出しやすくなるのと、精霊の加護には癒し効果が高まり、外的な影響にも強くなります。普通に貰うのにはお参りやお供え物が良いみたいで、戦神にはお酒、精霊神にはお餅が好きみたいでした。神様はお供え物の精神物質を抜いては食べてるみたいですよ。味は精神物質と物理物質は全く一緒みたいで、時代によって同じお餅でも味覚が進化しているのを感じてましたね。
 精霊は優柔不断?  2017/08/20 (Sun)
精霊が優柔不断と言われるのは、意見に対して反対と言う概念が無いのですが、人間界では当然反対意見が出るので、人間になった時に反対意見も尊重するので決められなくなるのです。いい人だけど決断が出来ないタイプには、優しい精霊出身が多いみたいですね。トップを精霊にする際には、補佐役として性格が悪くても分析型の天界人を付け、決断材料を多くするなど配慮が必要です。

それぞれのコミュニケーション方法は精霊と魔族が感覚主体で、天界が言語主体になります。だから魔族と精霊は共通部分があるので種族を間違えやすく、新聞や雑誌やテレビ、マスコミ関係に異常に天界人が集まるのも、精神世界からのコミュニケーション手段にも適性理由があると思われます。ただ天界出身に関わると必ず権力争いに巻き込まれるので大変です。誰が偉いか?これが最も重要みたいですからね。その他にも日本人は偉いとの報道には天界人らしさを感じます。
テレビを見てると未来を教えてくれる、違法的な霊能力者が好きみたいなのを感じます。正しく霊能力を使うならテレビ的な影響(大きな流れを変える)は避けるので、よってテレビにすり寄る霊能力者は、知らない未熟者か金儲けの偽者が多いみたいです。確かに金儲け主眼ならテレビですよね。

真の能力者はテレビに手を貸しません。
Template by :FRAZ