back to TOP

admin |  RSS
 恐怖の使い方  2017/09/30 (Sat)
本来恐怖の使い方は、深く魂に刻ませる事が目的になります。物事を真剣にとらえないと、魂や行動は絶対に変わりませんので、どうするかと言えば、例えば占いでは「このままでは大変な事になります」と言うわけです。他にも世界滅亡の予言も数多くありましたが、これも預言者は人類規模の問題を真剣にとらえて欲しい願望がありました。

最初の動機は純粋でしたが、現代では注目を集める為にや、依存させる為にや、金儲けの為が主眼になっています。金儲けが悪いとは言いませんが、金儲けが当初に伝えたい事を歪めている事実はあります。

日本の会社では恐怖をどの様に使ってるかと言うと、労働に向かわせる為に利用しており、働かないと将来を不安にさせる言葉をよく使っているのを見ます。定番は「貯金が減っていくだろ?」です。これをするなら相手をコントロールする、魂を黒くする負の概念ではなく、相手の幸せを祈った動機の方が、確実に魂の綺麗さを維持出来るので、動機は大切にした方が魂は得です。もちろん動機により結果も大きく違うのは、2つを比べれば分かるはずです。
スポンサーサイト
 否定は自己防衛  2017/09/30 (Sat)
魂イコール感情イコール言葉であったりします。言葉を発する事でも魂が変質しますので、良い言葉、前向きな言葉は良いのは一般的になっていると思いますが、では後ろ向きに見える言葉、例えば意見の否定はどうでしょうか?仮に他人から否定されると(否定された様に感じると)、魂にもろさが出ますので、多くの人は本能的に自分を守るために否定を行います。相手を否定すればもろさを補い、魂は強くなりますが、ただ顔を接する対人関係は悪くなります。

仮に魔族が上を否定をすれば即殺されるので、対人関係が必要になる魔族には、上を否定する事は絶対にありませんけど、個人でやっていく天界人は自分本位なので、相手を否定、自己防衛するのは天界出身が多くやってます。

また相手を否定するネット掲示板には、知識欲も高いのがあり、特に天界出身が集まりやすい傾向になります。逆に魔族出身は実生活での友達が多くリアル生活を優先してます。今の日本では種族住み分けも自然と出来ており、ネットでは天界人同士が喧嘩して、リアルでは魔族が体を使って遊ぶ感じでしょうか?
 真っ黒魂  2017/09/28 (Thu)
分かりやすく魂イコール感情と思っても良いです。本来の魂は善意(純粋な魂)であるはずが、その善意に覆い被さって、他の念がかかってる感じが、多くの現代人になります。そして他人の念を貰い過ぎるとうつ病を発症したり、時には本来の自分ではない行動を起こしたりします。この原理(念)で他人をコントロールする事も、魂的に見れば難しくはありませんが、その能力を悪用(自分視点だけに使うと)魂が純粋から真っ黒になります。

真っ黒魂の特徴は、人間での犯罪はしないけど、犯罪で無ければ積極的にします。例えば相手の事を言う通りにさせる、これは犯罪ではありませんが、魂的に見れば本人の学びを奪う重犯罪で、真っ黒魂はこう言う事を積極的にしてます。この様に人間の悪い事、魂の悪い事には、大きな差があり、今の日本では魂が真っ黒な本人には悪い自覚は全く無く、むしろ良い事をしてるつもりで、テレビ業界の魂は特にそんな魂が多いです。

本来の魂が覆われないようにする自衛として、愛ガード、楽しくしたりすると、再び魂が純粋化され改善されるので、よくストレス発散出来ることが、魂にもプラスになりますが、ただ天界出身の痩せ型は魂性質が最も弱く、念の影響を強く受けるので、周りのサポートは必要でしょう。例えば念を受けないように、時には電子機器を遠ざけるのも1つの方法です。
うつ病を筋肉トレーニングで治すと説があるように、体が精神に影響を与える、つまり体の遺伝子も魂に強い影響を与えているようです。だから魔族出身の魂全てが、魔族に欲しいわけではなく、天界出身、精霊出身にも、魔族が欲しい魂があった訳ですね。

イメージしやすい様に仮に家畜が居るとします。魂が凄いから価値が高いのではなく、魂よりも遺伝子が優秀だから価値が高いのですよね?極端に例えると魂が無価値でも、遺伝子が優秀であれば魂にも価値を出せ、逆に遺伝子が悪ければ残念ながら魂もくすみます。

また魂を鍛え上げると、体を鍛え上げるも両者同じで、体を鍛え上げると他人の念にも強くなり、念受けでの治るうつ病なら良くなります。ただ生まれる前に魂が決めた治らないうつ病には、体を鍛え上げても効果はありません。これは分かりにくいかもしれませんが、全ての人生に強さを求めていないので、課題に応じてあえて弱い体を選ぶケースもあります。

少し説明すると、何事にもメリットとデメリットが存在しています。植物で例えると背の高い木は光を得やすいけど倒れやすい、人間では仮に体が優秀な場所に生まれると、魔族に魂を取られたり、天界人に利用されたりもし、デメリットも強くあり、強さが正しさとは考えにくく、弱さを必要した多様性が色々な魂を受け入れやすい、人間が理想とする環境になると言えます。だから精神病と言う魂を弱くする負荷があるから、弱くする体があったからこそ、私も奥さんも日本に生まれれたのです。

社会的な成功にもデメリットも強くあります。傲慢さを持っていた場合は高める傾向にあり、魂的に見ればその環境は不適当となるケースもあります。例えば日本から見れば、北朝鮮問題に対しては解決不可能であるから、魂的な課題があり、逆に解決すれば課題は学べなかった事になります。私の様に日本天界人は傲慢さが強く、他人に極端に協調を持てませんから、北朝鮮問題にはプライドを捨て、協調を覚える良い機会に私には見えます。
 怒る方怒られる方  2017/09/26 (Tue)
そもそも失敗は誰でもします。失敗を減らせる事は出来ますが、失敗はまず完全には無くならないのと、怒られたくないから失敗をしないのではなく、失敗したらしっかり怒られ、言い分は最後にして魂に刻ませる事が、最善の順番だと思ってます。この様に心持ち考え方をしっかりする事で、怒る方と怒られる方、両者のメリットは小さな傷を大きな傷にする事がなくやれるはずです。

現代の失敗をしない前提であると、失敗を認めないので、どこに責任や原因があるのか分からなくなったり、そして失敗に対して過剰に責任を求める傾向にあります。よって失敗前提は反省を踏まえ一歩進んだ考え方でしょうね。
人は何故死ぬのか?人は何故学校を卒業しなければならないのか?に似てると思います。学校は低学年の学び、高学年の学びが、年齢に応じてあり、表向きは学力がついたら卒業出来るシステムですよね?

人も年齢に応じて共通の課題があります。例えば赤ん坊の時は頼って、学生の時には協調して、社会では愛を持って働いて、子供が出来たら愛を注いで、年を取れば再び何も出来なくなるので、上手く周りに頼る課題が大抵の人にあります。つまり人のイメージは、年齢課題を上手くクリアーして最後は卒業……死ぬ感じでしょう。そう決まって生まれてます。学校に卒業規則があるように、魂にも卒業規則があると思えば、少しは連想しやすいと思います。

また日本の死のイメージが病気か自殺か事故になっているので、どうしても負のイメージですけど、役目を終えて魂が抜けても体は死にます。ただ、まれに魂を分裂出来る人もいるので、それが何らかの理由で元に戻れなくなると、片方ずつどこかに転生して、その場合2つの魂は限りなく近い魂になり、別々の人生を歩んでいきます。
 もてるは罪  2017/09/24 (Sun)
間違えながら深い理解を得ると、知識量だけでなく輝く魂の度合いも違うみたいなので、輝いてる奥さんだけでなく私も魂を天界人からよく狙われます。以前にも話した通り、例えば人間も真面目に働くより、盗みをした方が遥かに儲かれば犯罪を選ぶように、日本天界人も真面目な契約よりも、私達には違法に近い契約や強奪での魂取りを、現在でも抜け穴を探しながらしようとしてます。

今私の魂種類を例えるとキラキラ魂予備軍(神界見習い魂)なので、仮に私の魂取れれば恐らく天界では階層を結構上がれます。危険を犯してでも欲しいのが普通で、返り討ちで大量に死亡した天界人も結構居ます。私狙いで死亡した天界人なら、元々の仕事内容が保険関係の仕事に似ているので、30年~40年後にはやり手の保険会社員も生まれて来ると思われます。また一回死んでしまうと記憶を忘れ、魂の記憶だけになるので、人間になると学校や会社でも学んでないけど、何故か保険関係が強い人になるでしょう、復讐で生まれる魂はないのですが、憎い相手を許す課題なら私の子孫に生まれれる可能性が多少はありますね。

人間でも精神世界で殺されるのは、悪人か金持ち(魂に価値を持っている)かです。人間界でも精神世界でも、いい人の場合は悪人(罪人)にして殺してしまうのがメジャーな方法で、奥さんを天界魔界同盟期に悪人にしたのは、まず自らの行動を正当化と合法化する目的で、奥さんの魂が欲しいグループの指示(私達はそこをキラ研と呼んでいる)があったでしょう、その後キラ研違法部門は奥さんの怒り(神の怒り)で消滅し、表向き合法なのが今も残っているみたいです。その当時の私の方はまだ無価値の魂(一般的な魂)だったので、悪人ではなく精神雑誌の憧れになっていました。人間でも美しい人は男性の犯罪から狙われるように、奥さんの魂は美しい……だから精神世界で奥さんの魂は大きな罪かもしれません。
 擬似的な愛  2017/09/22 (Fri)
最高の動機は愛ですけど、これは私も含め人生最大の課題とするぐらいに難しく、多くが完全な理解も実践も不可能と思いますが、愛に似た感情へ寄せる事は出来ます。思いやりもそうですが実は「楽しい」も愛に結構近いですので、物事を楽しんでやる事も最高の動機に近付けます。

例えば好きな音楽を聞きながらしたり、難しい事も面白く話されると、特に胸の魂が楽しいと思い、擬似的な愛の感情になるので、仕事や勉強がはかどる事が出来ます。最近の傾向で何故楽しむことが良かったのかは、最高の動機、愛の感情に近かったのですね。

逆に勉強や仕事が苦しくないといけないとされているのは、勉強や仕事が楽しい事と教えていたら、苦しい事をしなくなった失敗から来ているようです。今は苦しい事から楽しい事への思想移行時期であり、正しい理解や深い理解が無ければ、何十年後には再び苦しい事が正しい時期に戻ると思われますが、それを防ぐには対極的な思想を取り入れる「中間思想」の考え方も有効に思います。また思想は守らなければいけないよりも、あくまで上手く行くための手段にしてもらえると良いです。
 技術大国天界社  2017/09/20 (Wed)
過去に技術大国天界社(仮名)が天界の80層に会社が存在しており、天界戦争の武器や制御装置を開発していて、何らかの事情(恐らく天界戦争関係)で潰れて廃墟になり、死亡した天界人は技術を生かせるのは人間と誘導され、日本で技術大国を作ったみたいです。私の喉についている制御装置の基盤も80層で購入していて、制御装置にはプログラミングの知識も詰め込まれており、独学でプログラミングを学んだ方に適性があったのも、技術大国天界社での研究員だった可能性がかなり高いです。私もプログラミングが多少なら理解出来るのも、制御装置の改造を自ら行った影響です。

どうやら日本では精神武器担当が自動車、制御装置担当がプログラマーに変わって活躍したようです。また魂の研究員(違法研究部門)が奥さんの怒り(神の怒り)により大量に死亡したので、日本に第二次スピリチュアルブームが来てもおかしくはありません、魂(感情)を何故か科学的取り組む研究員が、これを書いた30年~40年後に出ると思われます。話は戻りますが技術大国天界社の課題は、平和でなく協調の方が近い言葉になるみたいで、その課題をクリアーすれば天界に帰れる可能性もありますけど、これからの選択次第でしょうね。

アメリカが一番人間の兵器開発が盛んでしたが、国境(大陸)を越えて技術大国天界社の社員関係が、大量に参加した可能性もあります。実際に天界戦争戦闘員の中には海外天界勢も含まれていたようなので、天界は魔族と違い海外連携を取っていた影響が、人間界にも出ないとは言い切れません。基本的に日本天界は日本人に生まれやすく、アメリカでは大量に魔族出身者が出ていますが、協調の課題が必要ない元日本魔族が多く生まれたのではないでしょうか?
 前世が適性?  2017/09/19 (Tue)
起承転結が文章の書き方で、反対の結転承起は新聞の書き方になり、私の文章の特徴も結果から書き始める、典型的な新聞社の書き方になっています。私が文章を習ったのは小論文の通信教育を数回受けただけで、その採点もかなり低くく、そこで逆に視点を多数持った書き方は間違えと教わりました。これより独学で伸びやすいもの、才能や適性と呼ばれるものは前世の新聞社が強く影響しており、前世を知る事が出来れば、適性を知る事が出来るかもしれません。

私の前世が新聞社の政治部、3回前がヨーロッパの政治家みたいです。
Template by :FRAZ